看護師は白衣の天使?

看護師は白衣の天使?

看護師って世間で言われてるように本当に白衣の天使なんでしょうか?
いえいえ実際は看護師だって人間。患者さんや医者、病院への不満もあるし悩みもある。プライベートだって大事にしたい。
情熱だけではやっていけない厳しい世界、でもやっぱり看護師を続けてみたい。
それってなぜなんでしょうか?
実際の看護師の仕事ってどうなの?と気になっているあなたに、様々な勤務の実体験や悩みの声をこのサイトで集めてみました。
女性 30代
手術室1.5年・透析科4年

看護師の私

高校卒業後は一旦違う職業に就きました。3年半勤務の後、仕事を辞めて看護学校入学しました。卒業後は、通っていた看護学校の母体の病院へ就職し、第一希望の手術室勤務となりました。結婚を機に退職し、今の透析科のクリニックへ転職しました。勤続2年目で副主任になりました。今は子育てしながらそのクリニックで勤務しています。

看護師になるまで

初めに就職した工場を辞めた後は、何も考えずに地元に戻りました。高卒の学歴しかない私に一体何ができるか、求人雑誌を見ていました。
正直焦りは少しありました。
求人雑誌には、歯科衛生士の募集が多く時給も良かったので、最初は歯科衛生士の学校へ行こうと思い、母に伝えました。
看護師の母は、それなら看護師になったらどうか、と提案されました。
初めは全く想像も出来ませんでしたが、祖父のお葬式に行った時、祖母が看護師の母をすごく誇らしくしているのと
看護師の母に安心感を抱いている所を見て、少し興味がわき看護師を目指してみようと思いました。
看護学校にその年受かったら入学しようと決めて勉強し、運良くその年に学校に受かったので看護師になりました。

看護師になっても日々勉強

看護師はもっと事務的な仕事と思っていましたが、実際はかなりのサービス業です。
勉強は自分自身の体の事でもあるので、すごく興味深くて楽しいです。
働いてからもずっと勉強は付きまといます。
煩わしく感じる事もありますが、日々出来る事、予想できる事、知識や技術が増える事を目の当たりにすると自分が成長している様に感じられ、
看護師を選んで良かったと思います。
患者さんの為に、という白衣の天使的発想は出来ませんが自分が成長していくのが嬉しく感じます。

看護師は私の誇り

看護師になって良かったと思います。
毎日働いていますが、長い人生毎日同じ事ばかりしている仕事では無く、成長ある仕事を選択して良かったと思っています。
子供にも誇れる仕事だと思っています。
そして今の時代、看護師の需要が多いことも良かったと感じています。
今の勤務している所が嫌になれば、他のクリニックや病院に勤める選択肢が多い事にも有難く感じています。
なので、院長にも言いたい事はあまり我慢せずに言います。

辞めたくなるのはどんな時?

正直辞めたくなる時もあります。でもそれは自分がこのクリニックではこれ以上伸びないと判断した時だと思っています。
更なる知識や技術を手に入れる為に、他の科にも勤務してみたいのはあります。

私のこれからの看護人生

今、私は看護師としてエキスパートになるかそのまま戦力部隊として働くのかを選ぶ岐路にたたされていると感じています。
管理の部門に行き、専門知識を入れる事を部長には勧められていますが、これを選ぶということはプライベートも返上して勉学をしなければなりません。
正直そんな覚悟は無いので、小さなクリニックで仕事をしたほうがいいのかなとも思います。
しかし、揺らいでいるのも事実です。もう少し悩みながら決断していこうと思っています。
そして、趣味の不動産業界もやりたいです。好きな事や興味のある事はとことんするつもりです。

ページの上部へ