だから看護師は辞められない。こんなにあった看護師の手当てとは?

HOME > 看護の実態 > だから看護師は辞められない。こんなにあった看護師の手当てとは?

だから看護師は辞められない。こんなにあった看護師の手当てとは?

女性 40代
眼科・呼吸器外科混合病棟3年
消化器外科病棟5年 
神経内科・消化器内科病棟6年 
検診業務1年 
脳神経外科外来1年

看護師の私

その時々に応じて、専門にあまりこだわらず働いてきました。
結果、雑多な知識と看護経験を得ることが出来ました。
必要を感じ、救命救急士資格の取得を放送大学で学び、学位を取得しました。
それぞれの場所での看護師経験は、現在の人付き合いや子育てに生かすことができていると感じる事があります。
現在は、子育てに専念しているので、お休みしていますが、一段落したら、再就職をしたいと考えています。
何度かブランク時に看護以外の職種で働いてみようと思い、就職情報誌で探したのですが、
結果的に、お給料ややりがいの点で看護職を選んでしまいました。

私の病院履歴

100〜500床台の病院に複数勤務経験があります。
以下は、120床の外科系病院で勤めていた時の情報です。

お給料って実際どうだった?

月々の給与は23〜29万(諸手当込み)
昇給は年7000円。年によって微妙に変動がありました。

ボーナスは?

基本給の4.8か月分/年
夏・冬それぞれ34万〜53万程度(基準支給率が異なるため冬の方が多い)

手当てはあるの?

残業手当 2010円/時(公式に認められたとき)
夜勤手当 準夜4500円/回
     深夜6000円/回
それ以外には通勤手当、住居手当、救急手当、看護師手当、基準看護手当、皆勤手当、
年末特別加算手当、家族手当、保育手当、手術室手当、待機手当、燃料手当、残業手当

給料格差を教えて

給料の額は具体的には話題にしないので、他の方の給料事情はわかりません。

給料への不満を教えて

残業代がきっちりでなかった事。てんてこ舞いに忙しいときの一部くらいしか認められない。
残業申請をしちゃいけない雰囲気があった。残業簿に書けるのは日勤では師長、主任が認めた時。夜勤帯ではリーダーが声をかけた時。
これは、その後の転職先でも行われていました。

転職した理由って?

公立の病院に勤めていた時、夜勤手当が安すぎたのと、他に不満も多々あり転職した経験があります。
ですが、転職理由は他にもありました。給料はだいたい予想がつくので。

ページの上部へ