この不調が危険!あなたの体のサインを見逃さないで。

HOME > 看護の実態 > この不調が危険!あなたの体のサインを見逃さないで。

この不調が危険!あなたの体のサインを見逃さないで。

女性 30代
外科3年・内科2年

看護師の私

私は、外科勤務からスタートしたのですが、外科は展開が早く、オペなども毎日あったので、ついていくのが大変でした。
初めは、かなりの出来そこないで迷惑かけてばかりでしたが、少しずつナースとして成長していきました。

看護師としての苦痛な日々

外科病棟ということもあってか、意外とサバサバした頭のきれる性格の人が多く、みんな騒いだり、言いたいことをいう人達ばかりでした。
自分のおっとりとした性格からすると、なんとなく苦痛で合わないなあと思い始めていた時、全身に地図上の発疹ができるようになり、
薬を飲んでも痒くて寝れず、常に体をかいてしまい苦痛な日々が続いていました。

原因はストレス?!

まずは皮膚科の先生に相談したらストレスだと言われ、仕事を辞めたら治ると言われました。
先輩にも相談しましたが、やはりストレスだと言われました。

病棟の対応って?

師長さんにまず話をし、看護部長との面接で病棟を移動したいことを話したら、理解を示してくれて希望の病棟も受け入れてくれました。

なぜ辞めなかったの?

その当時は、まだナース3年目だったので、まだまだ辞めるという気持ちはなく、仕事にやりがいも感じていたので、
環境を変えて一からやり直したいという気持ちの方が強かったです。
看護師という仕事は嫌いではなかったし、まだまだ経験を積みたかったのと、職場の人間関係のストレスが体に出ていると自覚していたので、
人間関係がとてもいいと言われていた病棟に移れば症状もよくなると思ったので、辞めたいという選択肢はなかったです。

もしあなたがトラブルにあったら

ストレスというものは自分ではなかなか感じにくいものですが、体は正直です。
看護師という仕事は時間に追われ、責任も大きいですし、たくさんの人との関わりや、
患者さんと医師の板挟みにあったりしてストレスを抱えることも少なくありません。
まず、体調が悪く感じた、ら何が原因なのか自分で分析してみることが大事だと思います。
人間関係のストレスであれば、私のように思い切って環境を変えてみるのも一つの手だと思います。
自分らしく働ける職場はたくさんあるはずです。

ページの上部へ