私が出会ったセクハラや暴力行為をする患者さん

HOME > 看護の実態 > 私が出会ったセクハラや暴力行為をする患者さん

私が出会ったセクハラや暴力行為をする患者さん

女性 30代
外科病棟2年・老人ホーム1年・透析クリニック3年

看護師の私

旦那と二人暮らしです。
透析クリニックですが、当直を含む三交替勤務を行っています。
K-POPアイドルの追っかけをしています。

困った患者がいた病院は?

大学病院の呼吸器外科病棟です

私が出会った困った患者さん

肺がん手術を受けた70代の男性患者さんでした。
背が180cmで体が大きい方でした。家族は、娘さんと娘さんの夫(義息子)がよく見舞いに来ていました。
手術後に、せん妄状態となり看護師の体を触るなどのセクハラ行為や、
看護師を押し倒そうとしたり殴ったり手の付けられない状態になってしまいました。
一時的なものかと思っていたのですが、術後1週間を過ぎても状態に変化はなく、脳血管疾患やアルツハイマー等が疑われるようになりました。

困った患者への対応って?

個室でしたが、夜間は一人で何をするかわからず転倒転落の危険があったので、目が離せない状態でした。
ナースステーション内に布団を敷いて、そこに寝てもらうようにしたこともありました。
日中の検温や処置などで訪室する場合には、なるべく2人以上で行くようにして身を守りました。
主治医が家族に何度も病状説明を行っていましたが、その患者さんがそのような状態になったのには病院側に責任があると家族は言い、
「訴える!」というところまで行っていました。

患者家族はどうしたの?

娘さんの夫(娘婿)は刑事さんだったため、病室内の状況や書類などすべてを写真にとっていました。
万一に備え、証拠集めをしていたそうです。
病棟スタッフ全体で看護師が被害に遭わないようにしていたのですが、一人の看護師がその患者さんに殴られて怪我をしてしまいました。
その事件をきっかけに患者さんの家族も訴えるのをやめ、その状態が手術の合併症のひとつであることをを受け入れ、結果的に示談となりました。

困った患者に出会ったら

看護師も一人の人間ですので我慢することはありません。自分の身が危ないと思ったら我慢・無理せず同僚・上司に相談して解決しましょう。

ページの上部へ